“筋”曜どうでしょう

“筋”曜どうでしょう

第19回 「おはよう」の挨拶は、これで!?

 ボンジョルノ。ボンジュール。グーテンモルゲン。ブエノスディアス。ナカ・スバシ? 
 たまには他の言語でも挨拶してみましたが、どうでしょう。ちなみに私、この中では2つしか理解できません。それも片言です。ついでに言うと、いつも「ボンジョルノ」からこのコラム始めてるくせに、イタリア語なんてさっぱりできません(おい)。わかるのは、ボンジュールとナカ・スバシ? です。
 え? ボンジュールはわかるけど、ナカ・スバシ? ってなんだ? そうですよね。これがパッとわかる人、あんまりいないと思います。正解は......ウォロフ語! え? どこの国の言葉だ? よくぞ聞いてくださいました。これ、アフリカはセネガル共和国の言葉です。
 彼の国ではウォロフ族という黒人の部族が一番多いので、ぶっちゃけ、フランス語よりこっちが公用語みたいなもんだったりします。お店屋さんで、「ボンジュール!」じゃなくて「ナカ・スバシ?」なんて挨拶しようもんならセネガル人、大喜び。イメージとしては、金髪碧眼の白人がいきなり東北弁で「おはよごぜます」なんて挨拶してくるような感じでしょうか。その上さらに、右手だけで器用にご飯食べて「バフナ・デ!」とでも言って見せれば、あっという間に大人気。MLB時代の川崎選手のように、会社やスポーツチームなら「面白外国人」枠をちゃっかりゲットできることでしょう。......まあそもそも、セネガルに行く人なんてそうそういないでしょうけど。

 というわけで今回のエクササイズはその、ナカ・スバシ......じゃなかった、おはようございますの名をもつ「グッドモーニング」エクササイズです。では、動画をどうぞ!

世界の筋トレ  ............。なんか、強烈な見た目のおねーさんが、でも楽しそうにやってますな。しかもこの『Plus Size』シリーズ、ぜんぶこの人がモデルのようで。うん、まあ、その......楽しいなら何よりです、はい。

 おねーさんのガタイの良さはさておき、このグッドモーニングエクササイズ、動画タイトルにもある通り、ハムストリングス=腿の裏からお尻にかけてのエクササイズとして、とっても有名です。動画の大きなおねーさんは自重でやってますが、負荷をさらにかける場合はバックスクワットのように、首の後ろにバーベルをかつぎます。お気付きの方もいるかもしれませんが、かつてご紹介した「ルーマニアン・デッドリフト」とじつはほとんど同じ動きの、言わば兄弟種目。こちらのほうがバーベルを担ぐぶん難易度が高く、背中~腰への負担も大きくなりやすいので、そこは気をつけましょう。

 その他ポイントとしては、
・猫背にせず、しっかり胸を張る。
・踵が浮いたりしないように、足の裏全体でしっかりと地面をとらえる。

といったところでしょうか。

 そうそう、これ、「おはようございます」のお辞儀が語源じゃなくて、「朝起きて、身体を起こす」ほうが名前の由来なんだとか。そりゃそうですな。欧米の人はお辞儀しませんし。......あ、だから「ナカ・スバシ?」とか言いながら、お辞儀までしてた私はウケてたのか。なるほど。
 何はともあれ、口にするのは「ボンジョルノ」でも「ボンジュール」でもいいので、しっかりハムストリングスを使いながらやってみてくださいませ。では、バ・ベネン!


グッドモーニングをやってみよう! コメント:
その名のとおり、「グッドモーニング!」と起き上がる動作です。だからと言って、朝の散歩で道行く人にこれで挨拶すると、変な目で見られます。気をつけましょう。

強化部位:
ハムストリングス(大腿二頭筋半腱様筋半膜様筋)、大殿筋、脊柱起立筋(腸肋筋最長筋棘筋
筋肉動画図鑑で一つひとつの筋肉を詳しく見ることができます。


<プロフィール>

伊藤謙治(いとう けんじ)

F Fintess Support(www.f-fit.net/)代表。
トレーニングコーチとして現場指導に当たる他、専門誌ライターとしても活動中。CSCS,JATI-ATI。


Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る