“筋”曜どうでしょう

“筋”曜どうでしょう

第22回 エビじゃなくて、ヘビ!

 ボンジョルノ。この連載もすでに22回。早いもんです。22回の間に、じつはオタクなこととか、プロテインを買わなかったら今頃もう1台車を買えていたであろうこととか、私の個人情報というか人生そのものがダダ漏れしている感もありますが、何はともあれ20回を超えてのご愛読(え?愛読じゃなくてついでに読んでるだけ? それでもいいんです!)、ありがとうございます。

 ......で、個人情報さらけ出しついでに、もう一つのカクシゴトも。じつはわたくし......腰椎椎間板ヘルニア持ちなのです! どうです! 恐れ入りました!?
 あ、なんで逆にドヤ顔してるんだと、となりで筋次郎があきれてます。いいよね、君は。全身筋肉なんだもの。そんだけ鍛えてれば、怪我とは無縁だよね。ていうか筋次郎、椎間板とかちゃんとあるの? ある? 皮膚がないだけ? 『進撃の巨人』を見たときは、超大型巨人とキャラかぶってて焦った? ......誰も聞いてないよ、そんなこと。それにあたしゃ、超大型巨人より芋女のサシャちゃんファンなんだってば。え? それも聞いてない? すまん。

 まあそんなわけで、めでたく(?)椎間板ヘルニア特有の下肢放散痛(足がしびれたり、痛むこと)が去年初めて出ちゃったんですが、そこはこう見えてもトレーナーの端くれです。「伊藤さんなら分かってるだろうから、運動療法頑張ってね~」というドクターの、さらっとしすぎな感もある指示を忠実に守ってリハビリに励んだところ、無事放散痛は落ち着きました。

 なんでこんな話をしたかと言うと、今回ご紹介するエクササイズが、まさにそのリハビリのうちの一つだからです。その名も、「コブラ」! なんだか名前から格好いいぞ! では、動画をどうぞ!

世界の筋トレ ............。き、気を取りなおしてエクササイズの「コブラ」はこちら!

世界の筋トレ  アメリカ版・林家パー子さんみたいなおねーさんが出てきましたが、そこは気にしないように。彼女のやっている、まさにコブラのように「上体をぐぐっと持ち上げるエクササイズ」こそが、「コブラ・エクササイズ」です。動画では下半身まで持ち上げてくれちゃってますが、最初は上半身だけでもちろんOK。
 ポイントは、

・肩甲骨をしっかり下げて、腕は動かさない
・えびぞりするのではなく、あくまでも「上半身を遠くに引っ張りながら持ち上げる」イメージ
・お尻もしっかり締める

といったところです。昔なつかしの「背筋運動」や、以前ご紹介した「スーパーマン」と動き自体は似ていますが、これは背中を鍛えるというよりも、脊柱のポジションや体幹の安定性を整える目的で行なわれるエクササイズです。なので、背骨の後ろ側に組織が飛び出て神経を圧迫する、よくあるタイプの椎間板ヘルニアに対する運動療法としても、理に叶ってるというわけです。

 というわけで、たまには真面目にトレーナーっぽい話もしたところで......って、ちょっと! 筋次郎! それは単なる伏臥上体反らしだから! ていうか、その見た目でえびぞりしてこっち見るなって! 気持ち悪いじゃん!(゚Д゚;)
 みなさんは、是非正しくコブラしてくださいませ。チャオ。


コブラをやってみよう! コメント:
その名のとおり、コブラが鎌首をもたげるように上半身を持ち上げます。ただし、えびぞりではありません。毒も吐かなくて結構です。

強化部位:
菱形筋(大菱形筋小菱形筋)、僧帽筋下部
筋肉動画図鑑で一つひとつの筋肉を詳しく見ることができます。


<プロフィール>

伊藤謙治(いとう けんじ)

F Fintess Support(www.f-fit.net/)代表。
トレーニングコーチとして現場指導に当たる他、専門誌ライターとしても活動中。CSCS,JATI-ATI。


Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る