“筋”曜どうでしょう

“筋”曜どうでしょう

第10回 誰もがみんな知っている! トレーニング界の月光仮面!?

 ボンジョルノ。ミラノもやっと涼しくなってきました。……多分。あ、このネタ一回使ってましたね。すいません。本当は国内の仕事部屋で、一人シコシコとキーボードに向かって書いてます。
 「第10回にしてすでに前フリのネタが乏しくなったんかい」と思ったアナタ、決してそんなことはありません! 10回ですよ、10回! トレーニングで言えば、もっとも利用頻度が高いと思われる10レップです! わけもわからず、「とりあえず10回×3セット」とかって、よくやるでしょう? じつはあれ、医療現場から広まったらしいです。整形外科医のドロームさんとワトキンスさんていう人が、10回×3セットでリハビリ指導した『ドローム&ワトキンス法』がきっかけのひとつだとか。「とりあえず」なんて言ってちゃいけませんな。

 何はともあれ、そんな10回目は区切りに相応しく、メジャーなエクササイズをチョイスしてみました。どうぞ!


世界の筋トレ  ……あれ? なんかちがう? じゃあ、こちら!

世界の筋トレ  ……??。
 「なんか、私の知ってるベンチプレスとちがう……( ゚д゚)」と思った方、ゴメンナサイ。
 そう、ベンチプレスです。誰もが知ってる、バーベルを胸の上で持ち上げる、アレです。上手になれば動画のように人間でも出来ちゃう、超有名エクササイズです。……え? 普通はやらない?

 まあたしかに、普通はバーベルもしくはダンベルでやるベンチプレスですが、意外に正確な基本フォームをご存じない方も多いんではないかと。あらためて、ポイントを確認しておきましょう。

・身体の5箇所(右足、左足、お尻、背中、頭)をきちんと床やベンチにつける
・スタート位置は、「バーが目線の上」に来る辺りを目安に
・バーを握る位置は、身体の横で肘を直角にした真上辺り
・バーを降ろす位置は、胸骨の中央=あごとみぞおちの真ん中辺り
・トレーニングとして行なう場合は、基本的にブリッジ=腰が浮くことはしない

といったところです。意外に注意点、多いでしょ? 逆に言えば、適当なフォームでやろうとすればいくらでも出来ちゃう種目なので、特に初心者の方は是非、最初に正しいフォームを覚えるようにしましょう。
 ちなみに、ベンチプレスやフライといった胸の筋肉を鍛える種目が「バストアップにはこれ!」みたいに女性におススメされることも多いですが、あくまでも鍛えられるのは筋肉です。おっぱいそのもの=脂肪部分が大きくなるわけじゃありません。もちろん、筋肉が大きくなったり姿勢が整うことで、胸囲自体は上がりますが。……ああ、夢のないことを言ってしまった。「おっぱいには夢が詰まっている」って、子どもの頃は信じてたのに……。
 そのかわり、「いつかは○○kg挙げる!」という健全な(?)夢を持って、皆様もベンチプレスしてくださいませ。チャオ。


ベンチプレスをやってみよう! 誰もが知ってるエクササイズですが、重たいバーベルにひとりでチャレンジすると大変危険です。潰れる前に恥を忍んで助けを呼びましょう!

強化部位:
大胸筋三角筋前部、上腕三頭筋
筋肉動画図鑑で一つひとつの筋肉を詳しく見ることができます。

これだけは押える!ワンポイント:
・バーは胸骨の中央部分に下す
・バーの軌道は真横から見てゆるやかなカーブを描くよう
・バーを降下


<プロフィール>

伊藤謙治(いとう けんじ)

F Fintess Support(www.f-fit.net/)代表。
トレーニングコーチとして現場指導に当たる他、専門誌ライターとしても活動中。CSCS,JATI-ATI。


Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る