筋肉動画図鑑

腰方形筋

【名称】

腰方形筋

【よみ】

ようほうけいきん

【英語名称】

quadratus lumborum

【英語よみ】

クアドラタス ランボラム

【解説】

腹筋とともに脊柱の安定に重要な役割を果たしています。 横隔膜腰椎部、大腰筋とともに後腹壁の一部(下部)を構成します。左右の腰方形筋の筋力差は、骨盤の高さに左右差がでる原因となります

【起始】

腰椎(肋骨突起)、腸骨(腸骨稜)、腸腰靱帯

【停止】

第12肋骨(下縁)、上位3-4腰椎(肋骨突起)

【作用】

第12肋骨を引き下げ、腰椎を同側に側屈する。両側が同時に働けば腰椎を後屈する

【支配神経】

腰神経叢 (T12-L3)




Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る