筋肉動画図鑑

顎二腹筋

【名称】

顎二腹筋

【よみ】

がくにふくきん

【英語名称】

digastric

【英語よみ】

ダイガストリック

【解説】

舌骨上筋群(顎二腹筋、茎突舌骨筋、顎舌骨筋、オトガイ舌骨筋)の一つ。舌骨下筋群とともに、下顎骨を引き下げるのに働きます。前腹と後腹は異なる鰓弓(さいきゅう)から発生したもので、支配神経も異なります *鰓弓(さいきゅう)とは、妊娠4週初め頃の胎児にできる構造体で、顔面や頚部のさまざまな器官(特に骨と筋肉)をつくるもとになるものです

【起始】

後腹・側頭骨(乳突切痕)。前腹・下顎骨(二腹筋窩)

【停止】

2つの筋腹は中間の腱で結ばれる(中間腱は線維性滑車によって、舌骨体に固定される)

【作用】

舌骨を引き上げる。舌骨を固定時は下顎骨を引き下げ、咀嚼を助ける

【支配神経】

前腹・顎舌骨筋神経(三叉神経の第3枝、下顎神経)。後腹・顎二腹筋枝(顔面神経)




Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る