ピラティス動画図鑑

ロッキング(上級エクササイズ)

エクササイズの目的

 ロッキングチェアーのようにころころと転がるような動作をします。脊柱や胸や腿の付根(股関節)の柔軟性が求められるエクササイズです。

エクササイズの効果

 肩や胸回りが大きく引き延ばされるような動作ですので、肩凝り予防や円背予防に効果的です。腿の付根(股関節)が大きく(外転・伸展)動きますので、アクティブに歩くことや走る歩幅を増やしたい方、日常生活動作が活発で、さらに体力を増進させたい方におすすめのエクササイズです。

スタビリティ(安定力)

 3つあります。脊柱、骨盤、肩甲骨です。特に腕を身体の後方へまわし、脚を保持します。背骨や肋の動きに合わせて、肩甲骨を安定させることが重要になります。

モビリティ(動きやすさ)

 背骨をひとつずつ伸ばす方向へ動かします。腰椎部分だけが伸展しがちですが、ひとつずつ動かせるようなゆっくりとしたスピードで、また呼吸に合わせながら行いましょう。腿の付根をやや開き伸ば(伸展)します。その動きに伴い、膝が軽く伸びます。腰椎へ過度の負担をかけないよう、動作をコントロールしながらおこないましょう。

シーケンス(連続動作)

 スタートポジションで腕が回りにくい(胸の柔軟性が乏しい方の)場合、セラバンドなどを脚にかけて行う方法もあります。息を吸込み身体を床から持上げますが、リバースブレス(吐きながら)上体を持上げると腹部のサポート力がわかりやすく、腰椎の過伸展を防ぐことが出来ます。一連の動作が簡単にできるようになれば、吸って伸展位から、吐く時に肋骨下部まで転がる、吸う呼吸にあわせ後方へ肋骨をマットから離す。5~10回繰り返すエクササイズにトライしてみてください。貝殻が海の中でゆらゆら転がるような動作です。身体との対話を楽しみながらLet’s try!!!



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室
メールアドレス:column@roundflat.jp

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る