ピラティス動画図鑑

ハーフ・ロールバック

1. 吐いて 腿から骨盤をとおざける
2. 吸って もどる

エクササイズの目的

 腰といえば、腰痛の発生しやすいローバック(骨盤の上の 腰椎が並ぶ当たり)です。今回のエクササイズは、肝心要の腰を支える腿の付根(股関節)を鍛えます。

エクササイズの効果

 球関節であり、大きな可動性がある場所!だからこそ深層 筋と表層筋をバランスよく、素敵なタイミングやリズムで股関節を使う事が出来れば「立つ」「歩く」「走る」にとどまらず「優雅に舞う」「空中を飛ぶ」ような超人になれるかもしれません♪

スタビリティ(安定力)

 座った状態で行うエクササイズなので、坐骨で座ることが重要です。
 座りにくい方は、お尻の下に高さを増すためのパッドやボックスなどを敷き行うとやりやすくなります。
 丸い背(脊柱全体・胸郭)に張り付くように肩甲骨を安定させます。
 腕を床と平行に保つため、肩甲骨を安定させる筋肉が少しずつ変化していきます。
 深層筋が働きやすい(ゆっくりとした)動きのスピードで行ってください。

モビリティ(動きやすさ)

 座った状態では、股関節はゆるみやすく、ゆえに大筋群(大腰筋や腸骨筋など)が過度に緊張を起こします。
 深層筋と表層筋のバランスを整えながら動かすことが大切です。
 初めての方には、バランスボールに座って行う方法がおすすめです。
 ボールのころがりがスムーズな動きを誘導してくれるので、とっても動きやすいです。

シーケンス(連続動作)

 丸い背を保ったままで、腿からころがるように骨盤を遠ざけていきます。
 戻りも腿にころがるように骨盤を近づけていきます。
 小さい頃に遊んだヨーヨーのように、(丸い円盤が骨盤で、軸が股関節、紐が腿)スムーズに滑らかに動かしてみましょう。



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る