ピラティス動画図鑑

コルク・スクリュー(上級エクササイズ)

エクササイズの目的

 ワインのコルクを捻りながら抜くようなイメージのエクササイズです。とはいえ、脊柱を捻る動きはありません。中級エクササイズ「ロール・オーバー」と似たようなエクササイズですが、それより安定力や耐久力が試される上級エクササイズです。

エクササイズの効果

 腿の付根(股関節)の分回し運動が入ってきます。大きな関節の運動を支えるだけの体幹力を養うのにぴったりのエクササイズです。バランス良く腿を動かすため、かっこいい腿やお尻のメイキングに役立つエクササイズです。

スタビリティ(安定力)

 2カ所あります。1つずつ動かす背骨を安定させること。その力が無いと、背骨が捻れたり、傾きます。そして、動き続ける胸郭に寄添いながら、脊柱や腕の動きに合わせ肩甲骨を安定させることが大切です。

モビリティ(動きやすさ)

 脊柱の動きと合わせ、骨盤の先(上)の腿の骨を両脚閉じた状態で、曲げ伸ばしします。また分回し動作がこのエクササイズでは特徴的です。腿の骨は、常に捻れることがなく(パラレルポジション)を保ち動かしていきます。内踝や膝にボールを挟んで練習する方法もおすすめです。

シーケンス(連続動作)

 ロール・アップするときは、尾骨から胸椎に向かって。ロール・ダウンする時は、胸椎から尾骨に向かって動かしていきます。上級エクササイズにしたら、シンプルなエクササイズと思いきや、腿が片側へ移動しても脊柱は回旋しないという、地味にコア(体幹)に効くエクササイズです。



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る