ピラティス動画図鑑

ヒップ・ツイスト(中級エクササイズ)

エクササイズの目的

 坐骨の後ろでバランスを保った状態で、重たい両脚を自由自在に動かします。体幹の耐久力が試されるエクササイズです。

エクササイズの効果

 Vポジション(腰椎はやや屈曲、胸椎は長く伸ばす)を保つため、胸が広がりとても気持ちのいいエクササイズです。肩や胸が固い方は、両肘を付いて行うと安全に効果的に行えます。腿の付根が固い(過度に緊張する)方は、膝を曲げた状態で行うと、腹部への負荷も減らすことができてはじめやすいです。

スタビリティ(安定力)

 両脚の重さと動きに対抗して骨盤と胴体を安定させます。それを支える腕や肩甲骨が重たさで沈まぬように安定させることも重要です。

モビリティ(動きやすさ)

 閉じた両脚(内転・パラレル)で円を描くように回します。この時、骨盤は安定しており、腿と共に動くことは避けます。足の重さや動きに対抗して腹筋力を保ち続ける力が必要です。腿の付根の筋(股関節の屈筋群)の使い過ぎを防ぐために、円の大きさを小さくして行うのもおすすめです。また、セラバンドを足先にホールドするように巻きつけて行うと、足の重さが軽減され腹部のサポートになります。

シーケンス(連続動作)

 両脚を床方向へおろす時に、腿の付けの筋(股関節の屈筋群)が伸びるのを許しましょう。過度の緊張は骨盤の安定力を失うことに繫がるので、注意しましょう。動きになれたら、芝生や砂浜の柔らかく沈み込む場所でトライしてみてください!より腹部の耐久力が試されチャレンジになります。



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る