ピラティス動画図鑑

ダブル・レッグ・キック(中級エクササイズ)

エクササイズの目的

 コーディネーション力を鍛えるエクササイズです。リズミカルな呼吸に合わせながら膝の屈伸をします。また1つ息を吸う間に、背を伸ばしながら、腿を開いたり閉じたり動きの組み合わせを楽しむエクササイズです。初級のエクササイズを組み合わせたような動作です。これまでの動画を見返して、同じ要素を探すと理解度が深まります。

エクササイズの効果

 動きの連動がよくなります。全身をコントロールし、呼吸に合わせて流れるように動かしていきます。しなやかで力強い筋力を得ることが出来るでしょう。また、接地面が小さい(お腹と床しか着いていない)状態で、コントロール力が試されます。どんな状態や環境の中でも理想的に動くことができる力、表現力の向上なども望むことができるでしょう。

スタビリティ(安定力)

 うつぶせ状態で膝を3回、リズミカルに曲げる(パルス運動)時の骨盤を安定させます。吐き出す息がポイントです。脊柱を一つひとつ安定させることができると、動きがスムーズで滑らかになります。ここが安定していないと、足の高さが変わったり、身体が捻れるような動作になります。

モビリティ(動きやすさ)

 脊柱を一つひとつ動かすのにあわせて、腿の付根が動きます。外捻り(外旋)と伸展動作を同時に行います。肩幅程度に脚が開きます。可能なら、胸椎や腰椎を伸ばす(伸展)動きも加えます。

シーケンス(連続動作)

 膝の動きのあと、吸う(一息)間にすることがたくさんあります。足を閉じたまま(内転状態維持)膝を伸ばし、肘を伸ばし腿の横へ。腿の付根から外捻り(外旋)、外開き(外転)。同時に腿の付根を伸ばす(伸展)、脊柱全体の伸展(胸椎や腰椎も可能なら伸展)。なんともめまぐるしい動作の連続です。初級、中級レベルの似たエクササイズでしっかり身体を温めてからトライしましょう。頭が固まると動きが鈍くなります。アニマルフェイス(ラクダの顔やおさるの顔マネなど)を楽しみながら♪Let’s try!!!



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る