ピラティス動画図鑑

ネック・プル(中級エクササイズ)

エクササイズの目的

 背骨を1つ1つコントロールして動かす力を養います。以前紹介した「ロール・アップ」のエクササイズよりも、動きが増え、強度、難度が増えます。

エクササイズの効果

 美尻やウエストシェイプを目指す方におすすめのエクササイズです。身体を起こす際に、骨盤を安定させます。お腹を薄く保つのでぽっこりお腹解消にも役立ちます。骨盤を安定させるために、腿をバランス良く使います。床から浮いてしまう方は、股関節を曲げるために働く筋が頑張りすぎているので、腿の内側や裏側を使えるよう、膝を曲げボールを(内股や膝で)挟みながら行うのもひとつです。

スタビリティ(安定力)

 背骨をひとつずつ動かします。背骨が捻れる事無くコントロールします。また、その動作を支えるように安定させる肩甲骨が重要ポイントです。あばら(胸郭)が丸まったり、伸びる動きを誘導するように肩甲骨は安定します。腕と背骨の間にある肩甲骨を安定させることが重要です。

モビリティ(動きやすさ)

 大きく分けて2つあります。1つ目は、背骨の動きです。1つ1つコントロールして動かしていきます。2つ目は、腿の骨の上で骨盤を動かします。股関節を曲げる筋(屈筋群)だけを使わず、均等にバランスよく活用し滑らかな動きをめざしましょう。

シーケンス(連続動作)

 脊柱の動きが多いエクササイズです。頭側から脊柱を丸める(屈曲)動作、尾骨から頭へニュートラルへ伸ばす。その後、尾骨から動き始めロールダウンしていきます。フルエクササイズで行うためには、耐久力やコーディネーション力、柔軟性が必要になります。しかし少しの工夫で行いやすくなります。例えば、胸が固い方は、手の位置を頭の後ろから、おでこの前に変えてみてください。お尻や腿の裏が固い方は、膝を曲げた状態で行うと動きやすいでしょう。動きやすい体勢、スタートポジションを見つけエクササイズにトライしましょう。体力をつけ上級エクササイズに備えましょう♪



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る