ピラティス動画図鑑

オープン・レッグ・ロッカー(中級エクササイズ)

エクササイズの目的

 耐久力とバランス力を養うエクササイズです。以前でてきた「ローリング・ライク・ア・ボール」より、テコ(膝を伸ばした状態で行う)が長いため、体力が求められます。

エクササイズの効果

 しなやかで力強い背中(脊柱)や腰(骨盤ー腰椎部)になります。メリハリボティを目指す方にはおすすめのエクササイズです。転がる時にはCカーブ、スタートポジションではVポジション(坐骨のやや後ろでバランスをとり腰椎少し屈曲、胸椎は長く伸ばす)です。2つのポジションを交互に取りながらの動作を習得するために、スピードコントロールが可能な早さで練習しましょう。

スタビリティ(安定力)

 後方・前方に転がる(Cカーブ)時、スタート(Vポジション)時の脊柱を安定させることがポイントです。特に後方へ転がる時、首までころがらないよう注意しましょう。また、スタート時の体勢が取りにくい場合、膝を曲げた(テコを短くする)状態ですると行い易いです。腿の上の骨盤を安定させるために、腿やくるぶしでミニボールを挟んで行うのもおすすめです。背が動くきわで常に安定し続ける肩甲骨を意識することも大切なポイントです。

モビリティ(動きやすさ)

 スタート(Vポジション)時と転がる(Cカーブ)動作の繰返しです。脊柱をひとつひとつコントロールしながら動かします。

シーケンス(連続動作)

 吸って:腰の屈曲を強めながらCカーブをつくり、形を保ったまま(上部胸椎まで)転がる。
 吐いて:Cカーブを保ったまま戻り、スタートポジション(Vポジション)へ骨盤から頭部へ戻す。
 24個ある脊柱に意識を集中させましょう。ただし、身体が固まると目的が達成できません。深い呼吸にあわせ、繰返し練習しましょう。まだまだチャレンジしたい方は、足首を持つ手をつま先に変えます。足首を屈曲させた状態でこのエクササイズを行います。バランス力に挑戦!!!くれぐれも頭や首まで転がらないことが重要です。



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る