ピラティス動画図鑑

ワン・レッグ・キック(中級エクササイズ)

エクササイズの目的

 肘を床に付き、腿の付根を伸ばした状態を保ち続ける力(耐久力)を養います。

エクササイズの効果

 体幹力が付き、腰痛予防や肩凝り解消に効果的なエクササイズです。膝の曲げ伸ばし、足首の曲げ伸ばしの間、腿の付根(股関節)を伸ばした状態を保ちます。ローバックと言われる、腰痛の症状がでやすい部分の柔軟性が求められるエクササイズです。

スタビリティ(安定力)

 大切なポイントが2カ所あります。1つ目は足の運動中、腰椎ー骨盤部をニュートラルに保つ事です。腿の付根(股関節)は伸展した状態で、この部分を安定させます。とてもチャレンジングなエクササイズです。骨盤周囲が安定するまで、腹部を床につけた状態(股関節の伸展無し)で行う事もおすすめです。もう一点は、肩甲骨です。床に骨盤の一部(恥骨)が付きます。(ASISや)腹部は床から離れます。空間の中で肋の位置を決め、肩甲骨を安定させる事が重要です。拳や前腕、肘の位置をエクササイズに入る前に、確りポジショニングする事が重要です。

モビリティ(動きやすさ)

 リズミカルな呼吸に合わせ膝の曲げ伸ばし、足首の曲げ伸ばしを行います。目に見えない場所での動きに成る為、動きやスピードのコントロールが出来る早さで行うのがポイントです。

シーケンス(連続動作)

 息を吸って準備
 息を吐いて:片側の膝を2回、コントロールしリズミカルに屈曲(最初は足首底屈・2度目は足首背屈)
 息を吸って:膝を伸展させ、足首底屈しながらもどす。
 反対側も同様に繰り返す。骨盤周囲が安定するまで、コントロールする事に集中し、力がついてからリズミカルな動きを足すと安全に効果的にエクササイズを楽しめます。テレビを観ながら出来そうなエクササイズですが、とても集中力がいるエクササイズです。柔らかい芝生の上で行うのがおすすめです♪



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る