ピラティス動画図鑑

ロール・オーバー(中級エクササイズ)

エクササイズの目的

 腿の重さに耐えながら脊柱をコントロールし動かす力を養います。

エクササイズの効果

 背骨をひとつひとつコントロールする力は、今後でてくる中級のエクササイズ「ジャック・ナイフ」「シザース・イン・エアー」など、耐久力が必要なエクササイズで必要な体力を養うのに役立ちます。このエクササイズでは、まず脚の重さに耐えられる力を養いましょう。

スタビリティ(安定力)

 背骨をひとつずつ動かす時の、脊柱と肩甲骨を安定させることが重要です。反動をつける動作はさけ、コントロールできるゆったりとしたスピードで行うのがポイントです。特に、エクササイズの後半、脚の重さで戻りが早くなりがちですが、深い呼吸に合わせながらスピードコントロールできるよう、安定力を養いましょう。

モビリティ(動きやすさ)

 脊柱をひとつずつ動かす前後で、骨盤上の腿(大腿骨)を動かしていきます。骨盤ー腰椎部を安定させる力がつけば、ニュートラルポジションからはじめることも可能です。安定するまでは、骨盤が安定するポジションをとり、腿(大腿骨)を可能な(骨盤が安定する)範囲でヒンジ(傾け)させ、腹部へアプローチしていきましょう。

シーケンス(連続動作)

 足を持上げ始めるロールアップ時は、尾骨から動かします。戻る時は、胸椎から背骨をひとつずつ動かします。肩甲骨や骨盤との動きの連動がない場合、背骨がスキップする様な動作をとります。呼吸に合わせ、背骨をひとつずつ動かす練習をしましょう。脚の重さをサポートするために、セラバンドを足に巻付けて行う練習方法もおすすめです。



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る