ピラティス動画図鑑

サイド・キック(初級)

エクササイズの目的

 横向きに寝て行うエクササイズです。床との接地面が少ない状態で行います。バランス力向上を目指すエクササイズです。肩に痛みや固さがある方は、クッションやボールを使い、楽な体勢を見つけて行いましょう。

エクササイズの効果

 腿の付根(大転子)と肩の2点でバランスを取ります。不安定な体勢でキック動作を行うため、体中のスタビライザーを総動員させます。身体の奥底が繋がり、温まります。快眠力向上にもってこいです♪かっこよく泳ぎたい方にぴったりのエクササイズ。

スタビリティ(安定力)

 3点あります。トルソーとキック動作をする足(外転を維持する)、そして肩甲骨です。横向きの体勢でトルソーを安定させるポイントは、骨盤の傾きと位置です。手で触りながら脚の動きと分離して安定しているか確認する方法がおすすめです。また、骨盤を安定させるために、脚の位置を身体の少し前方へ移すとバランスが取りやすいです。2点目の上側の脚は、骨盤の高さ程度持上げた状態を保ちます。ここでのポイントはパラレル(内旋でも外旋でもなく下側の脚と平行に)に開く(外転)ことが大切です。膝頭の向きを目印にコントロールしましょう。最後に、肩甲骨の安定です。不安定な場所にいるトルソーに寄添う位置で安定させます。頭や腕、脊柱との繋がりの良い場所を探し安定させましょう。

モビリティ(動きやすさ)

 腿の付根(股関節)の曲げ伸ばしと、足関節の曲げ伸ばしです。呼吸に合わせリズミカルに、そしてコントロールした動作をめざしましょう。吐く息で前方へキックします。吸う息で身体の後方へ、この時に脚が骨盤より高くなりやすいです。腰が反る動作に繫がるので、骨盤よりも低く長く遠くへと伸ばすようコントロールするのがポイントです。

シーケンス(連続動作)

 横向きのポジションは、床と身体の接地面積がとても少ないです。なので、スタートポジションへ入るときのポイントとして、ごろごろ転がりながら、バランスが取りやすい場所を探します。ちょうど、ロックバランス(石をバランス良く積み上げる遊び)を楽しむように。探すポイントが2点あり、肩と腿の付根(大転子)です。2点が見つかれば、体側(身体の横の線、上側と下側)が同じ長さであることを手で触り確認します。床やマットの上でバランスを取ることに慣れたら、ビーチや芝生などふわふわする場所でもトライしてみてください♪新しい発見や気付きは身体や心にとって、良い刺激になりますよ♪



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る