ピラティス動画図鑑

オブリークス・ロールバック(初級)

エクササイズの目的

 これまでに紹介した「オブリークス」と「ハーフロール・バック」を合わせたエクササイズです。動きのつなぎ目を感じさせない、滑らかな動きになるように練習しましょう。

エクササイズの効果

 柔軟性、特に腰や肩、くび周辺が柔らかく動き始めます。肩凝り解消にもってこいのエクササイズです。また腿の付根、腰をダイナミックに動かしますので、腰痛予防にもぴったりです。ただし滑り症やヘルニアの症状がでている方にはおすすめしません。

スタビリティ(安定力)

 背骨を捻る時と、丸めるときに安定させます。そして丸い背の上で腕の動きや背骨の動きに合わせ肩甲骨を安定させることが、地味に重要です。手の平の間にフィットネスサークルを挟み行うと、肩甲骨の安定が助けられます。

モビリティ(動きやすさ)

 脊骨を捻る、丸める動きが大切です。またその動きの土台部分になるのが、腿の骨の上で動く骨盤です。お尻の下に高さを用意するなど工夫し、腿周辺の筋を均等にバランス良く働かせましょう。フィットネスサークルやミニボールを膝の間に挟んで行うと内転筋群が使いやすくなります。また、セラバンドを腿に巻き、拳1つ程腿を開きながら行うと外転筋が使いやすくなります。

シーケンス(連続動作)

 腿から骨盤を遠ざけていくように、腰を丸めて(骨盤から頭の方へ)いきます。体幹の上部を捻ると同時に、捻る方の腕を開きます。反対側の腕は床と平行を保ち、左右の腕で引合う様に背骨の捻れを深めます。戻る時は、背骨を捻り真中に戻すと同時に、後方へ伸ばした腕を元の位置へ戻しつつ、骨盤もスタートポジションへ戻していきます。滑らかに動けるよう、深くリズミカルな呼吸に合わせて行うのがポイントです。椅子に座ったポジションでも行えるので、青空のした公園のベンチやビーチのパラソルの下でトライしてみてください☆羽を広げ羽ばたくような動作、楽しみながらトライ♪



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る