ピラティス動画図鑑

ソー(初級)

エクササイズの目的

 ソー(SAW)とは、ノコギリの意です。手の平をノコギリにみたてて、背骨を捻る(回旋する)動きと丸める(屈曲する)動きの組み合わせにチャレンジするエクササイズです。以前に紹介した「スパイン・ツイスト」をマスターしてから、トライしてみてください。

エクササイズの効果

 柔軟性やコーディネーション力をゲットしましょう。とくに柔らかい腰、背骨を得ることができます。また、背を「捻る」「丸める」動きを組み合わせる力(コーディネーション力)が付きます。

スタビリティ(安定力)

 3つあります。まず、座った(骨盤を垂直)状態を保つ力です。お尻の下にクッションやマットボックスなど置くと、座りやすくなります。2つ目は、背骨を1つずつ動かしていく時の脊柱です。安定させるポイントは、深い呼吸です。呼吸の時に上下に動く横隔膜が、脊柱に付着しますので、背の動きをスムーズにします。動作と呼吸を合わせる練習にトライ!そして最後に、肩甲骨です。手の平や腕の動きと背の動きの間で、ハブ的に働き続けるのが肩甲骨に付着する筋肉達です。左右の肩甲骨を抑えるように、セラバンドを背から手の平へかけて行うと、新たな気付きがあるかもしれません?!トライしてみてください。

モビリティ(動きやすさ)

 背骨をひとつひとつ捻る、丸める(曲げる)動きを組み合わせていきます。

シーケンス(連続動作)

 背を垂直方向へ捻り(回旋させる)、頭の方から順に丸め(屈曲し)ていきます。戻る時は、尾骨の方から背骨を積み上げはじめます。後ろの腕は床と水平を保つように心がけます。前方の手は、対角上(右手なら左足へ)へ伸ばしていきます。腕の引合で回旋を深めていきますが、肩甲骨が安定する範囲で行います。動作(捻ると丸める)の組み合わせが大切なので、タイミング良く、スムーズな呼吸に合わせ行いましょう。チェーンソーではなく、ノコギリで大木を切るように、滑らかにスムーズな動作をイメージしながらトライです!!



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る