ピラティス動画図鑑

オブリークス(初級エクササイズ)

1. 吐いて 脊柱回旋 片脚のばす
2. 吸って もどす
3. 吐いて 逆脊柱回旋 片脚のばす

エクササイズの目的

 前回ご紹介した、腹部の耐久力を養う「シングル・レッグ・ストレッチ」の続編のようなエクササイズです。脚の重みや動きに加え、トルソーの捻れに耐えられる体幹力を養いましょう。

エクササイズの効果

 直線的に片脚交互に伸ばす動作に合わせて、螺旋的な背骨(トルソー)の動きにチャレンジします。腹部を固めるのではなく、しなやかに動かすので、細長くしなやかな筋力をつけることができます。ぺったんこのお腹やメリハリボディを目指したい方にぴったりのエクササイズです。

スタビリティ(安定力)

 2つあります。足の動きや身体を起こした姿勢保持を支える骨盤から、腰椎部(腹直筋を使い固めるのではなく)の深層筋を使い安定させることが重要です。そして、丸い背中に張り付くように存在する肩甲骨、意外と忘れがちですが重要です。

モビリティ(動きやすさ)

 腿の付根(股関節)と膝の曲げ伸ばし動作。左右交互に脚を動かし、腹部にチャレンジをかけます。腿を伸ばす角度を変えると、強度を変えることができます。膝を引込んだ方へトルソーを捻ります。腕や首だけで捻ることを防ぐために、フィットネスサークルを手の平で挟みながら行うと、脊柱を捻りやすくなります。

シーケンス(連続動作)

 エクササイズをはじめる時のポジショニングや、動き(スピードや大きさ)をコントロールする力を活用しながら、エクササイズを進めていきます。決して、反動を使うような動きにならないことが大切です。しかし、一連の動きが細切れにならないよう、滑らかに流れるような動きを目指しましょう。砂浜で波の動きに合わせてみたり、心地よい風が吹く公園で葉の動きに合わせてみるのも面白いかもしれません。エクササイズを行う環境を変えるだけで、身体の気づきにも変化が現れることがあります☆梅雨の中休み、お天気のいい日を見つけたらトライしてみてください♪



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る