ピラティス動画図鑑

ローリング・ライク・ア・ボール

1. 吸って ころがる
2. 吐いて もどる

エクササイズの目的

 ボールの様にころころと転がる♪ 小さい頃、でんぐり返しをして遊んだ経験があるでしょうか?!座りっぱなしのデスクワーク、立ちっぱなしや歩きっぱなしのお仕事で、身体がカチカチに固まってしまっている方にぴったりのエクササイズです♪

エクササイズの効果

 腰や背中がふわふわになりますよ♪ 同じ姿勢を続けていると、関節も筋肉も固まりはじめます。骨のすぐ側にある深層筋を働かせ、凝り固まった腰や肩まわりでころころと転がります。床と骨に刺激され、身体も心もほぐされてふわふわになります♪

スタビリティ(安定力)

 安定させるところは2点あります。丸い背中(脊柱全体)と肩甲骨です。エクササイズの途中、ずっと丸い背中(脊柱全体)を保ちます。もちろん、起き上がるときも腹部(腹横筋・腹斜筋・腹直筋)の力が必要です。その丸い背中に張り付くように肩甲骨を安定させます。手の平でボールを挟みながら行うと、肩甲骨の動きをコントロールしやすくなるのでおすすめです。

モビリティ(動きやすさ)

 実は、このエクササイズで動く関節はほとんどありません。ボールのように丸くした身体を、少しの体重移動で転がしていきます。とがった坐骨の少し後ろのエリアでバランスをとります。身体を固めてしまいがちですが、ボールのようにふわふわのカラダで行うために、ボールになったつもりで動くマインドが、このエクササイズを上手にするコツとなります。

シーケンス(連続動作)

 とても不安定なスタートポジションに入るために、深い呼吸に合わせながら深層筋を繋いでいきましょう。腿を床から持ち上げる時には、腹部(骨盤底筋、腹横筋、腹斜筋など)に意識がある状態。決して大きな筋肉(腸腰筋や大腿直筋)だけで持ち上げないことが大切です。転がって気持ちのよいふかふかの芝生の上や、ほかほかの砂の上でコロコロボールのように転がってみてください。柔らかい場所は意外と腹筋力がいりますよ☆



<プロフィール>

原田 真実 (はらだ まみ)

2003 STOTT PILATES mat & reformer 取得
2009 STOTT PILATES full certificate 取得
2010 Pilates art Studio 天満橋オープン
2015 ラウンドフラット&ナチュラルStudioオープンスタッフ

Mind & Bodyエクササイズピラティスと出会い、心身共に大きな変化を体感しました。
できることや、考える事がとてもポジティブになり、家族や友人や仲間との絆が深まりました。
ピラティスエクササイズをMy life の軸とし、ライフワークバランス、QOL(生活の質)、社会貢献など精力的に取組んでいきます。


パーソナルスタジオ「アニマルピラティス教室

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る