今週の窓

今週の窓

第19回 スポーツと治療 「目標達成の為の準備!!」

 皆さんこんにちは。

 私は現在とあるチームに帯同して長野へ強化合宿に来ています。
 選手たちは日本一と言う目標のために練習に励んでおります。
 今回はそんな選手たちが目標達成のために日々取り組んでいるセルフコンディショニングに関してお伝えします。

 セルフコンディションニングとは?
 試合で100%のパフォーマンスを発揮するために必要なすべての要因を目的(勝利)に向かって望ましい状態に整えること=設定した目標を達成するためのすべての準備プロセス!!

 簡易的セルフコンディショニングのチェック方法
 :自覚的コンディション(体調・疲労・食欲・技術的調子など)
 :体重(起床時・練習前後に測定)
 :柔軟性や筋肉の張りをチェック
 :心拍数チェック(起床時に測定・ペース走)
 :体温チェック(起床時に測定)
 日々の変化を記録することで栄養摂取の過不足、運動時の水分補給量の確認、疲労蓄積度合のチェックを行います。日々ベストで臨むための準備、その時の状態を理解することで怪我の予防にも繋がります。

 コンディションを整えるためのポイント
 食事
 1)レギュラーポジション(栄養フルコース型の食事)を心掛ける⇒主食・主菜・副菜・汁物・果物・乳製品
 2)朝・昼・晩 3食+α(間食)をしっかり取る
 疲労回復(積極的回復)
 1)ストレッチ(W‐UP・C-DOWN・自宅等)の徹底
 2)半身浴・交代浴による積極的な疲労回復
 睡眠
 1)しっかりと睡眠時間を確保することが大事(7~8時間)
 2)就寝リズムを整える

 目標に向けて出来る限りの準備(練習・セルフコンディショニング)を、余すことなくすべて行うこと・それらを継続して行うことが目標達成のためのプロセス!是非実践してみましょう!!


<プロフィール>

長谷川 賢宏 (はせがわ たかひろ)

柔道整復師
了徳寺学園医療専門学校卒業
21歳の時にこの道を志し、師と仰ぐ先生に出会いトレーナーの一歩を踏み出す。
フリーランスでスポーツクラブパーソナルトレーナー、サッカー、バスケットボールチームのフィジカル・コンディショニングコーチを行ないながら、スポーツトレーナーとしての経験を積む。医療資格取得後、鍼灸接骨院運営、スポーツトレーナー派遣を行っている有限会社ケッズグループに入社、現在は代表取締役として、選手、患者様のサポート、後任の指導、育成に力を注いでいる。

主な経歴
2012ロンドンオリンピック ビーチバレー男子日本代表チーム トレーナー
2015ユニバーシアード光州大会 バレーボール男子日本代表チーム トレーナー
日本オリンピック委員会(JOC)強化スタッフ(医・科学サポートスタッフ)
その他、高校、大学など育成年代のサッカー、バレーボール、バスケットボールチームのサポートを行う


ケッズグループフェイスブックページ:公式フェイスブックページ

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る