“筋”曜どうでしょう

“筋”曜どうでしょう

第12回 クラーク・ケントは大得意!

 ボンジョルノ。前回はターミネーターをご紹介しましたが、本当はトニー・スターク=アイアンマンみたいなオッサンになりたいと思っている伊藤です。そんな願いを抱いて十年近く経ちますが、空を飛べないどころか大金持ちにもなれないし、美人秘書もついたためしがありません。ずるいぞアイアンマン。でもかっこいいぞロバート・ダウニーJr.。
 ちなみにロバート・ダウニー Jr. って、今でこそアイアンマンのイメージが強いですが、20代の頃から様々な映画賞にノミネート&受賞歴があり、ピアノの弾き語りなんかもできちゃう才能の塊みたいな名優です。一時期、薬物中毒になりましたが見事に立ち直り、銀幕にカムバック。アイアンマン以外にも『シャーロック・ホームズ』シリーズなど、現在の彼は「ちょっと癖があるけど粋でカッコいいヒーロー」を演じさせたら、右に出る者はいない存在ですね。愛猫家なのもポイント高し。
 ......おっと、筋トレコラムが映画コラムみたいになってしまいました。今回はアイアンマンのお仲間(?)、アメコミヒーローの『スーパーマン』です。といっても、デイリー・プラネット社に入社する方法とか、クリプトナイトの克服法じゃありません(わからない人はググってくださいませ。すまん)。文字通り、その名も『スーパーマン』なエクササイズです。では、動画をどうぞ。

世界の筋トレ  ......って、"His morning routine!?" , "He performed this exercise every morning!?" 
毎朝これやってんのかい、スーパーマン! しかももとから空飛べるやん!

 と、つっこみはさておき、動画(というか静画)をご覧頂いてもわかるとおり、うつぶせになって両手両足を持ち上げる、むかしで言うところの「背筋運動」的なエクササイズです。別名、プローン・ボウスリフト。

ポイントは、
・背中~お尻の筋肉をしっかり意識して
・とくに脚は、お尻をギュッと使って持ち上げる
・エビゾリではなく、両手で「遠くを触りながら」身体を引き上げるようなイメージで
 
 といったところです。やってわかると思いますが、地味に大変です。もちろん、腰の痛い人は無理せずに。目から光線を出したり、片手で大岩持ち上げたくなったりしても、無理せずに。胸に「S」と描きたくなった場合は、ご自由に。
 
 あ、このトレーニングを続けてほんとに空を飛べるようになった方がいたら、是非ラウンドフラット社へご連絡下さい!? 商品運搬からメディア出演、さらには災害救助派遣まで全力でマネージメントさせて頂きます。え? 筋次郎? 空も飛べないキャラクターに用は......うわ、おい、何をする! ちょ、やめ......冗談だって......!
 ......イタタタ。......と、というわけで、筋次郎のご機嫌を取るために今回はここらで失礼。チャオ。
 

スーパーマン(プローン・ボウスリフト)をやってみよう! コメント:
スーパーマンの別名でも知られるエクササイズ。両手・両足をしっかり持ち上げましょう。青い全身タイツにマントをつけて、胸にSマークを書けばモチベーションもあがります(多分)。

強化部位:
脊柱起立筋群(腸肋筋最長筋棘筋)、大殿筋僧帽筋(下部)
筋肉動画図鑑で一つひとつの筋肉を詳しく見ることができます。


ご意見、ご感想をお待ちしてます!
メールアドレス:column@roundflat.jp

<プロフィール>

伊藤謙治(いとう けんじ)

F Fintess Support(www.f-fit.net/)代表。
トレーニングコーチとして現場指導に当たる他、専門誌ライターとしても活動中。CSCS,JATI-ATI。

メールアドレス:column@roundflat.jp

Facebook

> 詳細を見る

Twitter

> 詳細を見る

Youtube

> 詳細を見る